古物商・遺品整理業Article left by the deceased

古物商・遺品整理業
少子高齢化が進むなか、とくに高齢者が心配される財産管理、没後に必要な手続きやご遺族にとっても手をつけにくい遺品整理など、さまざまな観点から専門家が必要になってきています。 ソレイユでは、これらに関係する法律を認識しながら行政機関の許認可などを円滑に進め、多くのみなさまのお役に立つ事業をおこなっていきたいと考えています。

さらに進む高齢化社会に向けて

国内の人口統計数値を見ると、65歳以上の高齢者人口が増加、若年層の人口が減少と、少子高齢化の構図になっています。
高齢者の人口が増加することは大変喜ばしいことで、平均寿命、高齢者数、高齢化のスピードという点において、日本は世界一の高齢化社会といえます。これは経済成長に伴う居住環境、労働条件、衛生状態、医療制度等と、著しく改善されたことに他ありません。その結果、文化的にも高齢者が海外旅行、文化講座、スポーツ等に積極的に参加するようになり、高齢者のイメージもすっかり様変わりしました。

一方、その実態を直視してみると、必ずしも喜んでばかりいられません。
都心への業務機能の集積が高まることにより、地方から都市へと多くの人が流入すると同時に、首都圏をはじめとする大都市圏への職住分離の都市構造ができてしまい、その結果、都市部では人々や地域とのつながりの希薄さが生じてきました。また、地方の多くでは過疎化が進み、隣家が気付きにくい地域が多く見受けられてきました。
その発現として、以下の5点が考えられます。

  1. 高齢者生活支援整備がなされ、大半は一応の暮らしができるようになった
  2. 高齢者の持つ資産の価格が高騰し、高齢者の中には相当の資産家が誕生した
  3. 高齢者の身辺から資産・設計を管理する家族等が減少した
  4. 高齢者の一人暮らしが増え、面倒を見る家族がいなくなり、孤立死が増えてきた
  5. ご遺族で行われてきた遺品整理に戸惑いが生じてきた

上の5点から特に“一人暮らし”高齢者の孤立する生活実態の個々に焦点を当て、世帯構造の変化や希薄化するコミュニティの現状に目を向け、生前の財産整理からお亡くなりになってからからも手を携えることが急務であると考えました。
孤立せざるを得ない高齢者の方が、安心して余生をお送りできるよう、万全な財産管理もおこなうとともに、これまでは多くの場合、亡くなられたご遺族の間でおこなわれてきた“遺品整理”も急速な核家族化や少子高齢化等によって十分におこなわれない状況から、これらを取り扱う専門家の需要の高まりにしっかり対応していきたいと考えています。
そのためにソレイユでは、業務を円滑に進めるために行政機関との意思疎通を図りながら、法規制に対しても正確な知識・認識をもって臨み、ご依頼されたご遺族や亡くなられた方の遺品に込めた“想い”にも配慮した、安心して任せられる『遺品整理業』を目指して新たに立ち上げることを決断しました。

遺品整理とは

遺品整理とは何か。
遺品とは、生前亡くなられた方が日々使用していた生活雑貨や、衣類、家具などの物品全般や、日記や手帳、預金通帳などの所有使用していた品々を指します。
近年、『高齢化』の進行に加えて、『核家族化』が進んだことにより高齢者の孤立死が増え、事態に応じ“遺品整理”を専門的に行う業者の需要が高まってきました。
これら遺品の整理の中には、不要品として扱われ一般廃棄物や産業廃棄物としての処理の依頼をされ、これらを運搬するには管轄する自治体の『一般廃棄物収集運搬業者』や『産業廃棄物収集運搬業者』としての許可等が必要となります。
また、使用できる遺品や家電をリサイクルする要望があれば、古物商としての資格が必要となります。
様々な観点から捉えると、遺品整理をご自身で処理できない状況が、急増することは間違いありません。さらに、少子高齢化が加速し、本来対応すべきご遺族が減少します。
以上のような我が国の情勢や展望を考えても、必然性を打ち消すことはできません。
当業務は、高齢者の豊かな未来に向けて生前から支援を行い、ご本人から「今までお世話になってよかった。」、さらに、ご遺族の方々からも「生前から今までお世話いただきありがとうございました。」というお言葉をいただくことが何よりの喜びです。

古物営業法に基づく表示

ただいま掲載準備中です

あなたには社会が求める価値があります

あなたには社会が求める価値があります

株式会社ソレイユは、特殊な資格を持った方の派遣業務(特定労働者派遣事業)もおこなっています。
下記の資格をお持ちの方は、是非ご登録ください。

一級建築士 / 二級建築士 / 1級土木施工管理技士 / 2級土木施工管理技士
測量士 / 補償業務管理士 / 一級造園施工管理技士 / 第一・二種電気主任技術者
電気工事施工管理技士(1級・2級)/ 第一・二種電気工事士